女性が気になるファッションに関する情報、サブカルからモテコーデまで参考になる情報が満載です!

プラスファッション

コラム

服は年間約30億着捨てらている!その理由は?

投稿日:

 

現在、日本では年間の約33億着の衣類が廃棄されていることをご存知ですか?

いつもはファッション情報ファッション通販サイト

ご紹介していますが、今回は視点を変えて、

衣類やアパレル業界が置かれている状況を見ていきたいと思います。

 

少しでもアパレル業界が置かれている立場とファッションと服の付き合い方を

考えてもらえれば幸いです。

 

 

 

 

 

廃棄量は年間約100万トン!?アパレル業界行方は?

 

日本の衣服の廃棄

日本の衣類の廃棄は年間で約100万トンを上回っていると言われています。

1着を300gと想定して、計算した場合

廃棄される服は約33億着と言われています。

この計算は、独立行政法人中小企業基盤整備機構による報告書を参考にしたものです。

下の画像のように店頭に並んでいる服はシーズンが過ぎると売れ残り、大半が廃棄されてしまいます。

 

 

その廃棄量が年々増えてきているのが、いまアパレル業界全体で起こっていることなのです。

廃棄された衣類の半分以上は、焼却処分されています。

そして、日本の衣類のリユース率は低いということも、よく指摘されています。

 

 

 

衣類の廃棄が増えた理由

 

 

なぜ、こんなに服の廃棄が増えてしまったのでしょうか?

 

ファストファッションの流行

1つ目は、「ファストファッションの流行」です。

ファストファッションの流行で、安く衣類を購入できるようになりました。

またZOZOTOWN楽天市場といった大型の通販サイト人気通販サイトが拍車をかけて、気軽に消費者が衣類を購入するようになってきているということが、

大きな影響になってきています。これによって、数回しか着ていない衣類であっても、飽きたらすぐに廃棄してしまうケースが多くなってきています。

 

トレンドの細分化

2つ目は、「トレンドの細分化」です。

いままでのトレンドは、春・夏・秋・冬・といったその季節に合わせて分けられていました。

ですが、近年、そのトレンドがさらに細かく分けられるようになりました。

現在は、春・春夏・夏・夏秋・秋冬・冬といった感じに分かれています。

そのほかにも、業界のトレンドや消費者の好みや、衣類の種類自体が増えているためといわれています。

しかし、企業は、「売り切れリスク」を回避するために、十分な量の衣類を生産します。

その結果、大量に売れ残りが発生してしまい、売れ残った商品は、廃棄されてしまうということになります。

 

返品在庫の再販不可

3つ目は、「返品在庫の再販不可」です。

試着の際に使われた商品やサイズの違いなどで返品されたものは、売れ残ってしまったり、売り物にならなくなってしまい、

アパレル店舗からメーカーに返品されることになります。

これらのような、いわゆる「展示品」は、たとえきれいな状態であっても、新品として再出荷することは難しく、廃棄されてしまいます。

 

これらが衣類が大量に廃棄になってしまう理由です。

つまり、衣類の供給と需要のバランスが大きく崩れてしまっているわけです。

 

大きく崩れた需要と供給のバランス

こちらのツイートを見てみると、供給量が大きくなっているのがわかります。

 

 

需給に対し、供給量が年々増加しています。

その理由は先ほども上げたとおり、大型通販サイトファストファッションの通販の流行、良品質で安く手に入る韓国ファッションの流行が主な原因です。

ほかにもトレンドの細分化などがあげられます。

 

こんなにも捨てられたら、服を製作している職人さんはどのように思うのでしょう?

 

きっと服を作るのが嫌いになってしまうのではないでしょうか。

何のためにと思ってしまうでしょう。

 

 

 

 

廃棄量を減らすためにすることは?

 

 

では、その廃棄量を減らすためにできることはないでしょうか?

 

衣服のリサイクル・リユース率をあげるには?

エコ大国であるドイツのリサイクル率とリユース率は、リユース率だけでも約70%もの割合を占めています。

日本がリサイクル・リユース率が低いのは、衣服のリサイクルコスト廃棄コストを上回っているためです。

衣服のリサイクルには、回収費用(運搬費)保管費用(倉庫代)仕分け費用などがかかります。

それよりも廃棄してしまったほうが、安く済むので衣服のリサイクルが進まないという問題があるため、

日本のリサイクル率が低くなっています。

そこで、すぐに取り組めるのが衣服のリユースです。

 

リユースとは?

[名](スル)再使用すること。そのままの形体でもう一度使うこと。再利用。→循環型社会形成推進基本法 →スリーアール(3R) [補説]例えば、ビール瓶・牛乳瓶などを洗浄・消毒して何度も使うことをいう。これに対しリサイクルは、製品を粉砕・溶解・分解するなどして原材料化したり、部分や部品を用いて再資源化・再生利用することを指す。goo辞典

 

 

簡単にできるリユース

 

消費者の私たちが簡単にできるリユースはどんなものがあるでしょうか?

 

フリマアプリやネットオークションを利用する

メルカリなどのフリマアプリが人気になっています。自宅に居ながら、気軽に出品でき、掘り出し物が見つかるかも?というのが魅力の一つです。

ですが、個人間での取引になるので、取引や商品のトラブルも多いのも現状です。

 

リサイクルショップに持っていく

ネット以外にもリサイクルショップの店舗も多くなってきています。

ブランド品なら値段がついて買い取ってくれます。

ノンブランドでも買い取ってくれるところがあったりします。買い取ってくれないところもあるので、注意が必要です。

そういったところに持ち込むのもリユースに繋がります。

 

アパレルショップのリユースキャンペーンを使う

アパレル業界でもリユース活動が活発化しており、着なくなった服を持っていくと

割引クーポンと交換してくれたりと、店舗によってさまざまなキャンペーンを行っております。

近くの店舗をチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

そのほかに廃棄量を減らす方法

リユース以外にも、廃棄量を減らす手段があり、それらをいくつかご紹介します。

 

ネット宅配買取

自宅に居ながら、簡単に不要な洋服を買い取ってくれるサービスです。

段ボールに詰めて、送るだけで査定を受けられるので、かなり簡単です。

 

ブランド品の買い取りサービス

 

ブランドコレクト宅配買取

ブランド品を中心に買い取ってくれます。

良い値段をつけてくれることで評判と評価の高い会社です。



ノーブランドの洋服の買い取りサービス

トレファクスタイル宅配買取

ノーブランドの洋服を買い取ってくれるサービスです。

不要な服を処分したいときに、かなり便利なサービスになります。

こちらもそこそこいい値を付けてくれることで、人気です。



 

Amazonの買い取りサービス

知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

みんな大好きAmazonが実は買取もやっているのです。

買い取ってくれると、Amazonギフト券と交換できます。

Amazonアカウントで利用できる【リコマース宅配買取サービス】




 

洋服のレンタル

近年、洋服のレンタルサービスが人気になって来ています。

洋服のレンタルと聞くと、着物やドレスといったものをイメージしてしまいますが、

最近は、私服の洋服を好みのコーディネートに合わせてレンタルしてくれるサービスです。

そのコーデが気に入ったら、購入することもできます。

新感覚オンラインファッションレンタル「airCloset」

公式サイトはこちら

 

 

 

ミニマリストになる

洋服や生活用品を最小限に抑えて生活をするミニマリストになってみるというのも手段の一つです。

必要最低限の洋服を着まわすことで、洋服の消費を抑え、無駄な衣類の供給を抑える効果があると思います。

衣類が売れなくなれば、必然と供給量が落ちるためです。

 

 

ここ最近、ミニマリストの生活が注目されているので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

現在置かれているアパレル業界と衣類の現状を知っていただけたでしょうか?

ファッション情報をひたすらに発信し、おすすめの通販サイトを出しているブログが多いですが、

このブログは、そういったファッション情報だけではなく、

ファッション全体の状況を発信していけるようなものにしていきたいと思います。

 

ただ着飾り、着て終わり。だけではなく、

服のことを考え、アパレルの現状も学べるように発信していければと思っています。

 

みなさんも、私と一緒に、いまのファッションをもっと深く向き合ってみませんか?

 

-コラム
-

Copyright© プラスファッション , 2019 All Rights Reserved.