ファッションブログです。男性の目線から女性のイイと思えるファッションショップ、オシャレだと思うモテカワコーデ、プチプラコーデをご紹介します!

プラスファッション

センスの磨き方 着まわし術

イエベに似合う冬の服装の選び方

投稿日:

地肌にはイエローベースとブルーベースがあり、それに合わせて

コーデのバランス、服装の合わせ方があるということがわかりました。

 

さて、今回はイエベ(イエローベース)のご紹介です。

 

 

 

 

イエベに似合う服選び~冬編~

 

 

イエベって?なに?

イエベってなに?というところから説明します

 

イエベ(イエローベース)とは、

日本人に多いとされるのがイエローベースです。

黄色みの強い暖かみのある肌色の方は、「イエローベース」が似合う傾向にあります。

青系やグレー系のアイシャドウは肌がくすんで見える、というタイプの方に当てはまる場合が多いです。iromina

 

 

イエローベースの肌の特徴と見分け方

手のひらの色がオレンジや黄みがかった肌色をしている方はイエベ(イエローベース)

青みがかった色や反対に赤みの強い肌色をしている方は ブルベ(ブルーベース)の可能性が高いです。

もっとわかりやすい見分け方

  • 色白ブルーベース
  • 色黒イエローベース
ざっくりとした見分け方ですが、パッと見て、こんなイメージを思いうかべるとわかりやすいと思います。

 

 

イエローベースには2種類ある

ブルーベースにもサマータイプとウインタータイプの2種類ありますが、

イエローベースにも2種類あります。

 

 

スプリングタイプ(春)オータムタイプ(秋)です。

 

 

スプリング(高明度・高彩度のイエローベース)

スプリングタイプの人は、肌が薄くツヤがあり、くすみのない色白タイプの方が多いです。

そばかすができやすいのも特徴の一つになります。頬に赤味がさすとオレンジがかったピンク色(ピーチ色)になり、

まさに春をイメージさせるポップでかわいらしい印象です。

ガーリー系などゆるふわな可愛いタイプの服装がよく合います。

これらが当てはまる人はスプリングタイプの肌の人と言われています。

ポイント

  • 瞳の色が茶色。虹彩が見えやすく、黒目と白目のコントラストがハッキリしている。
  • 血色感があり、チークが控えめでも健康的。黄みを帯びた艶のある肌。
  • 肌に透明感がある。

 

メモ

・スプリングタイプの人はキュート系

と覚えておこう。

 

 

 

オータム(低明度・低彩度・濁りのあるマットなイエローベース)

オータムタイプは、肌の色がスプリングよりも黒め方が多い印象があります。

そのため、深みや渋みを感じるディープトーンダルトーンの色を取り入れるとシックでゴージャスな大人の魅力を演出できます。

肌にマット感があるのも特徴で、日焼けをすると、きれいな小麦色に焼ける方が多いです。

なんだか、オータムの人はみんな小麦色で色が黒いように思われるかもしれませんが、色白の方もいます

色白の場合は、頬に色味のない象牙色のような陶器を思わせる肌色の方が多いです。

ポイント

  • 大人っぽく、落ち着いて洗練されたイメージ
  • 髪の太さは普通から太いめ
  • 黒目と白目の境目はソフトで、虹彩は暗め。
  • 肌質がマットでお化粧をしないとちょっと顔色は悪め
  • 髪や瞳は黄みのダークブラウン

 

メモ

・サマータイプの人は、エキゾチックな大人系

と覚えておこう。

 

 

 

イエベのスプリングタイプの人に似合う色

スプリングタイプの場合は、ポップで明るい色がよく似合うので、パステルカラーやキャンディーカラーを取り入れると良いでしょう。

また、ブラウン系でもこげ茶よりはライトキャメルやベージュなど明るい色をメインにするのがおすすめです。

濃い茶色を使いたい場合は、引き締め色としてチョコレート色やこげ茶を、コーディネイトの中で顔から離れたところで使うとオシャレに見えます。

ラメやパールは、ピンクゴールドを選ぶと肌の美しさを引き立てます。

 

 

 

イエベのオータムタイプの人に似合う色

 

オータムタイプの人は、深みのある茶系やゴールド、カーキなどがよく似合います。

オレンジや赤にベージュを混ぜたような、秋をイメージした落ち着いたブラウン系レッドが似合います。

抜け感のある知的で大人っぽいイメージを演出したい時にはおすすめです。

マスタードイエロー×ネイビーなどの組み合わせがおすすめの配色です。

ダークカラーも似合う色ですが、コーデが重たく見えてしまうのは避けたいところ。

スッキリしたVネックの服をチョイスして、抜け感を意識するのを忘れずに。

 

 

 

まとめ

イエベにも種類があり、合わせるコーデの系統も違ってくる

というのがわかりますね。

自分のパーソナルカラーを知るのもコーデを着こなすテクニックと知識になりますので、

ぜひ活用してみてください。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

-センスの磨き方, 着まわし術
-, , , ,

Copyright© プラスファッション , 2019 All Rights Reserved.