女性が気になるファッションに関する情報、サブカルからモテコーデまで参考になる情報が満載です!

プラスファッション

ファッション系統

ファッションの系統がわからない女性必見!系統別ジャンル一覧!

更新日:

https://xn--bck1be5b6ek1jk0h.com

 

 

 

ファッションのジャンルや系統は知っていますか?

ファッションに興味のある人なら、目にしたり聞いたりして馴染みがあると思います。

ですが、ファッション初心者には系統を聞かれてもうまくイメージがつきません。

そんな系統もいまでは○○系とかなりジャンルが多くなってきています。

今回は、よく聞く基本的なジャンルを簡単に紹介していきます。

大体こういう感じというイメージをつかんでもらえると良いかと思います。

ファッションのジャンルや系統を知るだけで、自分がどういったジャンルが好きで、

どういうファッションや着こなしをしたいのかが、わかってきます。

それでは、一緒に見ていきましょう。

 





 

ファッション系統一覧その①

 

カジュアル系

 


出典:WEAR

もっとも気軽に自然に着こなせるスタイル。

Tシャツ、カットソー、テーラード、ジャケット、デニム、アウター、など

軽装で堅苦しくない一般的な服装の組み合わせ。

カジュアル系の系統でも

キレカジ系セレカジ系アメカジ系などがあります。

 

 

キレカジ系

出典:WEAR

キレイ目なスタイルにカジュアル系のアイテムを取り入れ着崩した

清潔感を備わっている着こなしのスタイルを

キレカジ系といいます。

 

セレカジ系

出典:WEAR

セレブリティな雰囲気を取り入れ、カジュアルに着こなすスタイルです。

外国の有名歌手や女優などを手本にした、

高級感のあるカジュアルファッションをセレカジ系といいます。

 

アメカジ系

出典:WEAR

カジュアルスタイルの中でもよく聞く定番スタイル。

アメカジは、アメリカンカジュアルの略で、アメリカ風のアイテムや着こなしのことです。

ジーンズやデニムを着崩して、ラフでちょいワイルドなスタイルが一般的ですが、

最近では、きれいめなアイテムとあわせたスポーツミックスのアメカジスタイルも人気になっています。

 

きれいめ系

出典:WEAR

清潔感を重視した大人っぽく、

最新の流行りを取り入れながら、シンプルなコーディネートにしたスタイル。

きれいめなカジュアルスタイルの略に使われること多い。

20代から30代などの大人の女性に人気のスタイル。

40代から50代のファッションは、これを応用した基本的なスタイルになります。

 

フェミニン系

出典:WEAR

「feminine‐フェミニン‐」とは英語で女らしいという意味をもち、

薄くて柔らかい素地のワンピースやフリルブラウスなど、

レースやフリル・リボンを取り入れつつ、大人っぽい可愛さを持ったスタイルのことを

フェミニン系といいます。わかりやすくいうとお嬢様系の大人版。

 

ガーリー系

出典:WEAR

ガーリッシュ系の略。

フェミニン系よりも甘く子供っぽさを強くさせたファッションスタイル。

フェミニン系は大人っぽさを。

ガーリー系は幼い少女っぽさを際立たせているので、

フェミニンよりもレースやフリル・花柄を積極的に取り入れた

可愛らしいファッションスタイルをガーリー系といいます。

10代の女子など可愛い系が好きな女子に人気のスタイル。

 

モード系

出典:WEAR

モード(MODE)とはフランス語で流行やファッションという意味。

最新コレクションのブランドで固めたファッションスタイルを

モード系といいます。

細身のスタイルでシンプルな色彩を使い固める雰囲気があり、

モテるためというよりは、その時の最新の流行りやブランドの服飾や髪形そのものを楽しむことを目的としています。

パリコレなどのファッションショーのような日常では着たりすることはできないが、その年の流行りを象徴している

デザインや最近では、無機質でモノトーンであったり、

柄を多様につかっているコーディネートもモード系と言われている上級者向けのファッションスタイル。

 

 

ファッション系統一覧その➁

 

コンサバ系

出典:WEAR

コンサバ系は、コンサバティブの略で、「控えめな」という意味を持っています。

大人の女性らしい上品な色気とソフトでナチュラルなシンプルなファッションスタイルをいいます。

細身で品のあるアイテムを使用し大人っぽい感じにまとめるのがポイントです。

20代・30代から50代と幅広い女性に人気のあるスタイルで、ロングスカートで上品にまとめて「お姉さん系」のようにしたり、

デニムパンツでカジュアルに着崩すアレンジができます。

女性らしさもあり、男性の受けもよく、流行に流されにくいことから、安定したファッションスタイルです。

 

 

ストリート系ファッション

出典:WEAR

こちらは、若い子に人気のスタイル。

ストリート系は、カジュアルなスポーツミックスのファッションのことです。

スニーカーやスポーツサンダル、キャップ、Tシャツなどのアイテムを身につけることが多いです。

ジャージなどもお洒落に着こなすのもポイントのひとつ。

ここがポイント

  • キャップでストリート感を出す
  • 大きめサイズでダボっと着こなす
  • パンツはスキニーorショーパン
  • 靴はスニーカー

ほかにもストリート系には、

【B系】B系はbreakin、blackなどの意味を含んでいて大きめのTシャツやボトムス、キャップ、腰パン、スニーカーが特徴的なスタイル。

【スケーター系、エクストリーム系】派手めなロゴデザインのTシャツ、ハーフパンツが特徴的なスタイル。

などがあり、それぞれ特徴的なスタイルになっています。

 

B系

出典:WEAR

B系スタイルのファッション。

B系の【B】はBボーイ(ブレイクダンスを踊る男性)からきています。

この場合、女性なので、Bガールになります。

大きめなサイズの服とキャップ。大きめのネックレスやブレスレットなどのアクセサリーが特徴的なファッションスタイル。

主にヒップホップアーティストのPVを模した服装が好まれる傾向にあります。

 

スケーター系、エクストリーム系

出典:WEAR

スケーター系、エクストリーム系は、

派手なロゴデザインのTシャツハーフパンツがお馴染みのファッションスタイル。

最近ではアレンジが多様化してきており、パンツはサルエルパンツだったりすることもあります。

動きやすいのが特徴です。B系とはちがい、派手目なアクセサリーなどの装飾品はつけず、

スポーティな印象を持たせつつ、ダボっとしつつも、動きやすいコーデ。

 

 

森ガール系

 

出典:WEAR

ゆるふわなファッション。

森にいるようなゆるく雰囲気のあるファッションを森ガール系といいます。

コットンのワンピースや毛糸の帽子、レトロ調の小物などで優しい雰囲気にまとめるのが特徴。

ガーリー系との見分けがわからないことがあるジャンルの系統。

見分けの付け方は、

より少女っぽい可愛さがあり、フリルを多く使ったファッションがガーリー系。

ふんわりな雰囲気とペタンコなシューズを履いているほうが森ガール。

そんな見分け方でいいと思います。

 

 

エスニック系

出典:WEAR

民族服をイメージソースにした土着的な独特のスタイルをエスニック系といいます。

アフリカや中近東、アジア、南米など、欧米人から見た異なる民族のスタイル。

アジアン系の衣装をイメージしてもらうとわかりやすいです。

こういった感じの女性はアジアン系の専門のお店で服を購入することが多く、

近年では、そういった専門のお店も多くなってきています。

通販サイトだとチチカカが人気。

年代も幅広く、若い世代から40代50代にも人気のスタイル。

 

ロック系

出典:WEAR

音楽が好きな女子が好んでするファッションスタイル。

特徴としてはレザージャケットや鋲のアイテムを好んで使用します。

日本では、ゴシック・パンクファッションとして、漫画の『NANA』や、サブカル系の雑誌など取り扱われることの多くなったため、

一気に広まったファッションスタイルでもあります。

よくわからない人は、ロック系やパンク系の音楽が好きな子が着ている感じの服と覚えておくとわかりやすい。

通販サイトだとV系 パンク ロック Monster PartyRich or Dieなどが人気。

 

 

 

まとめ

あなたは何系でしたか?

知ってるスタイルがあったり、初めてみるスタイルもあったのではないでしょうか?

ほかにもゴスロリファッションだったり、姫系・ギャル系・原宿系などいろいろあります。

少しのスタイルを知っているだけで、アレンジが作れるようにもなりますし、

コーデもしやすくなります。

使いたいアイテムが何系なのか見分けられると、よりコーデも早く、

おしゃれにつなげられるのではないでしょうか?

気分よってスタイルを変えるのもファッションを楽しむ醍醐味だと思います。

いつも着ないスタイルをチャレンジして新しい自分を発見するのも楽しいかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

-ファッション系統
-

Copyright© プラスファッション , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。