" />

ファッションブログです。男性の目線から女性のイイと思えるファッションショップ、オシャレだと思う。モテカワコーデ、プチプラコーデをご紹介します!

プラスファッション

未分類

おしゃれをすると性格まで変わる!?服装を正すと生活が変わる理由。

更新日:

出典:girlydrop

おしゃれをすると性格が変わるって知っていますか?

とんでもない話だ。そんなの嘘だよ。

そんな風に思っていませんか?

でも、これは事実で、本当のことなんです。

あなたの身近でもそれを感じることができます。

 

 

 

服装をかえる意味

 

出典:pakutaso

就職活動のとき、スーツを着ますね。

就職したい企業にとってもらいたくて、正装をします。

すると、どうでしょう。

普段はヨレヨレのダラダラした生活を送っていても

その時だけ、背筋を伸ばしてちゃんとしますよね。

 

それは、受かりたい。少しでもいい印象を与えたい。という気持ちだと思っていませんか?

たしかにそうです。

そういう気持ちがなければ、肩ぐるしいスーツなど着て、就職活動なんかしません。

もしも、それが普段着だったらどうでしょう。

きっと就職活動に真剣に取り組む気にもならないでしょう。

いつものようにダラけて、背筋も伸ばして望むことはないでしょう。

 

では、例えを変えてみましょう。

 

あなたがコンビニに入って、店員が私服だったら?

どう思うでしょうか?

「あれ?お客がなんでレジ前に立ってるの?店員は?」

そんな疑問を抱くことでしょう。

コンビニのユニフォームを着ているから店員だと、私たちは認識をし、サービスを受けることができます。

 

では、逆の立場に立ってみましょう。

 

あなたが出勤し、その会社の制服、あるいは作業着。

指定された服を着るとします。

 

私服から仕事着に変わるわけです。

 

どう思うでしょうか。

 

「今日も仕事が始まるな…。」

「今日一日、長いなぁ...帰りたい。」

 

そんなネガティブな思いが出るでしょうか。

 

「今日も一日頑張ろう。」

「今日はどんな仕事かな?」

 

そんな気持ちになるでしょうか。

それは人それぞれですが。

少なからず、そこで私生活から仕事への切り替えが始まっています。

つまり、服装を変えるということは、

自分を切り替えるスイッチなのです。

 

おしゃれをする意味 

出典:girlydrop

 

さきほど服装をかえると自分を切り替えるスイッチだとお話しました。

では、おしゃれはなんでしょうか?

どうして、おしゃれをするのでしょう。

一番は好意を持った相手によく思ってもらいたいから。

異性から好かれたい。

好きなファッションスタイルへのあこがれ。

憧れの人が着ているから。

などなど。理由は様々です。

 

ここでは、女性のおしゃれについて話していきましょう。

人生の中で女性も男性もおしゃれになる瞬間があります。

それは、異性とのデート。

おおよそ学生のときに誰にでも経験があると思います。

それ以外だとお友達との遊びに行くとき。

その時、いつも着ていた服から少しワンランク上の服を考えます。

「この服じゃ、まずい。」

そこから普段より少しでもマシな服装を買い、着ていくのです。

異性とのデートとなれば尚更気を遣うところでしょう。

それが人が初めておしゃれをするときなんですね。

そこから、自分に合う服装を選び、アクセサリーを付けたり、

おしゃれに気を遣うようになっていきます。

 

服装は人をかえる

 

出典:girlydrop

こんな話を聞いたことはないでしょうか?

「中学生のころは、おとなしめで地味目な服装をしていた女の子が

高校性になったら、派手目な服になって、明るくなった。」

高校デビューってやつですね。

これは女の子に限ったことではなく、男の子でもあります。

高校になるといままでとは違う人たちと一緒になりますから、

それをきっかけに印象を変えてみよう。変えた子たちのことです。

もちろん、失敗することもあります。そうなるとしばらく暗い学生生活が始まりますね

 

また、同じように大学生デビュー、社会人デビュー、などがあり、生活環境が変わるのをきっかけに

服装を変えて、新しい自分になっていくことです。

 

しかし、いつまでも変わらない人たちもいます。

普段からヨレヨレの服をきて、ダラダラ生活している人たち。

それが悪いというわけではありません。

むしろ、自分のプライベートを生きているわけですから、うらやましい限りです。

ですが、私から見えれば少々もったない。と、思うのです。

キチンと身なりを整え、背筋を伸ばせば、すごくかっこよく見えたり、かわいく見えたり。キレイな人だったり。

よくテレビの企画である、ビフォーアフターというやつですね。

普段の着ているものから一変しておしゃれをすると別人みたいになる。

 

あれを見ると、こんなに変わるの!?と驚かせれるばかりです。

しかし、この人たちはこのおしゃれを持続させて生活することはできるの?

と、私は思うのです。

 

自分から着ないと始まらない

 

突然のおしゃれは、続きません。

ビフォーアフターがきっかけでおしゃれに目覚めればいいのですが、

なかなかそうはいかないのが人間です。

結局、普段の生活に慣れていますから、ヨレヨレのダラダラ生活に戻ります。

 

自分で変える意志がなければ、それ以上変わることはないでしょう。

 

変わらない人は、服装を正す。ということを半信半疑でとらえ、どうでもいいという考えになります。

 

では、こういいましょう。

 

 

おしゃれ=身だしなみ

 

出典:girlydrop

 

あなたの身だしなみはどうですか?

身だしなみおしゃれは違うでしょ。そう思っている人もいると思います。

わたしもそう思います。

基本、身だしなみは周囲に不快感を与えない服装・装いをすることです。

おしゃれは、自分の好きな服装をすることです。

ですが、

周囲に不快感を与えるようなおしゃれはおしゃれではない。

そう思います。

おしゃれ身だしなみきちんとできてこそ、おしゃれなんですね。

身だしなみがきちんとできている人は、姿勢も違いますし、

どこかおしゃれな雰囲気を持っていたりしますね。

身だしなみができていないと、どうでしょうか。

なんだか良い印象を持ちませんよね。

 

逆に、だらしない服装をしていたら、

おしゃれでしょうか?

なんだか、おしゃれって何だっけ?ってなりますよね。

時代やその時の流行りもありますが、

基本的におしゃれな人は、身なりがきちんとしています。

 

ですから、まずは身だしなみ。

身なりを変えていくことから、始めてみましょう。

 

 

小さな変化が大きな変化へ

 

出典:girlydrop

身だしなみは努力おしゃれはセンスといいます。

身だしなみをしていくうちにセンスが磨かれ、

身なりに個性が取り入れられ、おしゃれになっていくのです。

 

 

いつもと違う自分を想像してみてください。

少し変わった未来が見えてくると思います。

きっと戸惑うこともあるでしょう。変わった自分を笑う人もいるでしょう。

らしくないといわれるでしょう。

でも、ご自分の人生を彩るのはあなたなのです。

だらしない自分にさよならしませんか?

 

まずは、おしゃれを気にせず、身だしなみを整えてみましょう。

すぐに新しい服を買うことはないのです。

ものを整理してみましょう。

断捨離してみましょう。

 

ヨレヨレの服を全部捨てましょう。

鏡の前に立って、

背筋を伸ばしてみましょう。

軽く顎を引き、笑ってみましょう。

なにが見えますか?

 

素敵なあなたが映っています。

 

それがおしゃれへの一歩なのです。

 

 

 

まとめ

 

服装を正すこと。

身だしなみをすること。

おしゃれについて、お話しました。

少しおしゃれについての見方が変わったでしょうか?

着飾るものというイメージが強かった「おしゃれ」という言葉です。

ですが、よく考えると身だしなみがあっておしゃれがあるんですね。

 

なので、そんなにおしゃれを意識することはなく、

少し変わった服着たいなーとか。

いつも着ている自分の印象を変えたいなーとか。

そういう気持ちでおしゃれを楽しんでほしいと思います。

それで着替えて、身だしなみも整え、コーディネートすることができたら、

あなたはおしゃれな人です。

 

おしゃれの敷居は、決して高くない。

朝起きて、鏡の前に立ったら、

 

「そうだ、今日もおしゃれをしよう」

 

そう思えば、自分も生活も変わることができますよ。

自分を輝かせるのはいつも自分です。

 

 

スポンサーリンク

 

人気の記事

-未分類
-

Copyright© プラスファッション , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。