ファッションブログです。男性の目線から女性のイイと思えるファッションショップ、オシャレだと思うモテカワコーデ、プチプラコーデをご紹介します!

プラスファッション

コーディネート センスの磨き方 レディース 着まわし術

おしゃれになるために覚えておきたい配色のコツ

更新日:

 

おしゃれに着こなすためには、アイテムのチョイスと組み合わせが大切です。

 

ですが、それ以外に大切なことがあります。

それは配色です。

 

 

せっかくうまくコーデが出来たとしても、

色合いがバラバラだったら、どうでしょう?

なんだか違和感があって、オシャレなのかどうかわからなくなります。

 

やはりコーデをするうえで、気を付けていきたいのは、

配色のバランスです。

色の組み合わせによって、コーデの雰囲気も暗いものだったり、明るい感じだったり、

爽やかだったり、可愛らしかったりしますよね。

そんなわけで、今回は配色についてご説明していきます。

とはいっても、難しいことは無しにして、

 

だれにでも簡単にできるようなものをご紹介していきますので、

日頃のコーデの役に立てていただければと思います。

 

 

 

 

 

おしゃれにつながる配色のコツ

おしゃれにつながる配色のコツは、

ポイント

・少ない配色でまとめる

・メインになるアイテムを決める

・一番上と一番下に濃い色を持ってくると引き締まる

・トップスとボトムスの配色で印象が変わる

 

おしゃれな人ほど配色が少ない

出典:WEAR

 

おしゃれな人ほど、少ない配色でコーデをまとめます。

使う色は3~4つほどといわれています。

アイテムやコーデの系統によっては2つの配色でまとめることもできます。

 

配色が多いと発生するデメリット

注意ポイント

・コーデにまとまりがなくなる

・おしゃれに魅せようと頑張ってる感が出てしまう。

・何がメインなのかわからなくなる。

・メイクとのバランスが取れず、おしゃれに見えない。

 

少ない配色でうまく組み合わせるコツ

少ない配色でどんな風に組み合わせれば、うまくコーデを作れるのでしょうか。

ポイントをまとめてみました。

 

1色を1ヶ所に固めない。

 

トップス(又はトップスの柄)と靴。スカーフとバッグ、帽子とベルトという具合に、

はさみこむ様に色を散りばめると統一感が出ます。

 

出典:WEAR

こちらを例に見てみると、帽子トップスシューズ腕時計で統一され、

その間に白系のアイテムを挟んでいます。

そのため、コーデに統一感が生まれ、メリハリがつきます。

 

ポイント

・色が隣り合わないように色を散らすように意識すると

よりまとまりがでます。

 

 

 



何をメインにするか決める

 

そのコーデで何を一番みせたいか。何をメインに置くか決めると

ベースとなる色が決まり、そこからコーデの配色を決めることができます。

 

出典:WEAR

メインに決めるアイテムは、ボトムスでもトップスでもなんでも大丈夫です。

それが決まってしまえば、そこを際立たせる色を当てていけば、

うまくバランスをまとめることができます。

 

 

 

一番上と一番下に濃い色を持ってくる

コーディネートの中で一番上と一番下に濃い色、黒や原色などをもってくると

コーデ全体が引き締まります。

出典:WEAR

こちらを参考に見てみますと、

全体的に白が基調となっています。

帽子ボトムスシューズが白で統一され、それで暗い色を使ったアウターとトップスを挟んでいます。

そのため、全体的にツートンカラーの印象をあたえ、コーデにまとまりがあります。

 

もしも、これが白と黒の配色がバラバラだったらどうでしょう?

おしゃれかもしれませんが、まとまりのあるコーデには見えませんよね。

そんなわけで、一番上と下は濃い色を持っていくと良いということになります。

また、色に統一感も持たせると、より引き締めてくれる効果が生まれます。

 



 

 

 

 

トップスとボトムスの配色で印象がかわる

出典:WEAR

トップスとボトムスの配色次第で印象が大きく変わります。

 

ポイント

・トップスに明るい色、ボトムスに暗い色を持ってくると
大人の落ち着いた印象になる。

・トップスが淡い色の場合、ボトムスは色の濃いものを組み合わせると
コントラストがはっきりして、メリハリが生まれる。

・トップスに暗色、ボトムスに明色を持ってくると、アクティブな印象になる。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

すぐにできそうなポイントをまとめてみました。

復習として、

ポイント

・少ない配色でまとめる
・メインになるアイテムを決める
・一番上と一番下に濃い色を持ってくると引き締まる
・トップスとボトムスの配色で印象が変わる

これらが大きなポイントです。

これを意識しながら、コーデに役立てて、手持ちの洋服をおしゃれに着こなしましょう。

 

 

 

読んでおきたいおすすめの書籍

 

&nbsp
着かた、生きかた

着かた、生きかた
著者:地曳いく子

ベストセラー『服を買うなら、捨てなさい』の著者が出した待望の2冊目。

前著では、もはや似合わなくなってしまった「不要な服の清算方法」について考えました。そして次に考えたのが、楽に効率よく「おしゃれパワー(体力、気力、財力)」を使って「スタイル」を見つける方法です。

「世間のトレンドおしゃれ」と「自分の似合うおしゃれ」は、やっぱり違います。

そこで本書では、「自分に本当に似合う、自分だけのおしゃれ」の見つけ方を紹介しています。

 


何を着るかで人生は変わる「センス」よりも、大切なこと【電子書籍】[ しぎはらひろ子 ]

ファッション業界35年、いくつものブランドを誕生させ 約8万5千人の販売員やスタイリストを育成してきた ファッション・プロデューサーである著者が、 服の「捨て方、買い方、揃え方」を特別レクチャー!

もっと自分らしく、自由に、心地よく、アクティブに生きるための「理想のクローゼット」が、この1冊で完成します!

 

 


服を買うなら、捨てなさい

著者:地曳いく子

「服はたくさんあるのに、毎朝着る服がない! 」
「服は少ないほうがいいと言われても、そうもいかない」……と思っていませんか?

キャリア30年超のスタイリスト地曳いく子(旧姓・渡辺いく子)が、
今すぐ捨てるべき服と、残すべき服を、分かりやすく指南。

本当におしゃれな人だけが知っている、ファッションの新常識。
おしゃれになりたければ、今すぐ本書を読べき!

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気の記事

-コーディネート, センスの磨き方, レディース, 着まわし術
-, ,

Copyright© プラスファッション , 2019 All Rights Reserved.